centos7にnodejs8を入れようとして入らなかった

入ってないのを確認

[root@10 ~]# yum remove -y nodejs npm
Loaded plugins: fastestmirror
Repository nodesource is listed more than once in the configuration
Repository nodesource-source is listed more than once in the configuration
No Match for argument: nodejs
No Match for argument: npm
No Packages marked for removal

インストール

[root@10 ~]# curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_8.x | sudo bash -

## Installing the NodeSource Node.js 8.x repo...


## Inspecting system...

+ rpm -q --whatprovides redhat-release || rpm -q --whatprovides centos-release || rpm -q --whatprovides cloudlinux-release || rpm -q --whatprovides sl-release
+ uname -m

## Confirming "el7-x86_64" is supported...

+ curl -sLf -o /dev/null 'https://rpm.nodesource.com/pub_8.x/el/7/x86_64/nodesource-release-el7-1.noarch.rpm'

## Downloading release setup RPM...

+ mktemp
+ curl -sL -o '/tmp/tmp.KfgLZx2d66' 'https://rpm.nodesource.com/pub_8.x/el/7/x86_64/nodesource-release-el7-1.noarch.rpm'

## Installing release setup RPM...

+ rpm -i --nosignature --force '/tmp/tmp.KfgLZx2d66'

## Cleaning up...

+ rm -f '/tmp/tmp.KfgLZx2d66'

## Checking for existing installations...

+ rpm -qa 'node|npm' | grep -v nodesource

## Run `yum install -y nodejs` (as root) to install Node.js 8.x and npm.
## You may also need development tools to build native addons:
##   `yum install -y gcc-c++ make`


[root@10 ~]# yum install -y nodejs
Loaded plugins: fastestmirror
Repository nodesource is listed more than once in the configuration
Repository nodesource-source is listed more than once in the configuration
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package nodejs.x86_64 2:6.13.0-1nodesource will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package      Arch         Version                       Repository        Size
================================================================================
Installing:
 nodejs       x86_64       2:6.13.0-1nodesource          nodesource        13 M

Transaction Summary
================================================================================
Install  1 Package

Total download size: 13 M
Installed size: 38 M
Downloading packages:
nodejs-6.13.0-1nodesource.x86_64.rpm                       |  13 MB   00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  Installing : 2:nodejs-6.13.0-1nodesource.x86_64                           1/1
  Verifying  : 2:nodejs-6.13.0-1nodesource.x86_64                           1/1

Installed:
  nodejs.x86_64 2:6.13.0-1nodesource

Complete!
[root@10 ~]# node -v
v6.13.0

えぇ。。。

CloudStackのチューニングしてみた

Apache CloudStack Advent Calendar 2015の12月9日の分を担当します。

80人くらいが同時にインスタンスを建てようとすると、APIがロック?と言うか、
画面更新などはできるが実行結果が帰ってこない状態(極端に遅いだけ?)になりました。
解決方法がよく分からず、#CloudStack のハッシュタグを付けてツイートしたら解決方法を教えてくださったので、
メモ程度ですが、残しときます。

※時間がなく、今この値で動かないからこんぐらいにしとけば動くだろう っと言う適当さです。

環境
CentOS 6.6
CloudStack 4.4.4
java version “1.7.0_85”
mysql Ver 14.14

とのことなので、Performance Test Execution for 4.2 – Apache Cloudstack – Apache Software Foundationを見ながらチューニング

とりあえず、MySQLから
MySQLTunerを使い基本的なチューニング

    query_cache_size (>= 8M)
    join_buffer_size (> 128.0K, or always use indexes with joins)
    thread_cache_size (start at 4)
    table_open_cache (> 64)
    innodb_buffer_pool_size (>= 506M) if possible.
    innodb_log_buffer_size (>= 1M)

MySQLTunerの結果を見つつwikiに乗ってるmy.cnfをにらめっこしつつ設定を変えてく

一部抜粋

innodb_buffer_pool_size = 1024M
innodb_log_buffer_size = 4M
key_buffer_size = 512M
max_allowed_packet = 1M
table_open_cache = 512
sort_buffer_size = 2M
read_buffer_size = 2M
read_rnd_buffer_size = 8M
myisam_sort_buffer_size = 64M

slow_query_log_file = /var/lib/mysql/slow-queries.log
long_query_time = 5
max_heap_table_size = 2048M
query_cache_size = 0
thread_cache_size = 4

あとはtomcatのチューニング
どこ変更したか覚えてないので何となくで書きます…
/etc/cloudstack/management/tomcat6.conf
JAVA_OPTS の -Xms2g -Xmx4g とか  -XX:PermSize=1024m -XX:MaxPermSize=1024m とか追加した気がします
/etc/cloudstack/management/server-nonssl.xml のなかのmaxThreadsとか変更しました

【java チューニング】とか【tomcat チューニング】でググッて出てきたのを変更しました

設定変更後

service cloudstack-management restart

でcloudstackを再起動させて起動確認

結果
一斉にインスタンスを作ると【インスタンスの作成エラー】的なエラーが出るものの、インスタンス一覧の画面に戻るときちんと作成されてました。
一斉にインスタンスが作れるのを確認できたのでおkとしました。

時間がなく「今この値で動かないからこんぐらいにしとけば動くだろう」って言う感じのチューニングでしたが、
次はちゃんとログなどにらめっこしつつ論理的にチューニングしていきたいです。(小並感

Raspberry Pi 2 Model B にPidora入れたかった

Raspberry Pi 2 Model B にPidora入れてUSBケーブル挿したけど赤いLEDがついただけだった
raspbian見たいにダウンロードして書き込めばいいのかなーっと思ったけど何故か動かなかった

USBケーブル指しても赤いLEDが付くだけ
何でだろう、そのうち調べてみます。(とりあえず、記事書くって言う意思表示)
バージョンはPidora-2014-R3です

raspbianを入れるときに見たサイト
Raspberry Pi 2 Model B をインストールしてSSH接続できるようにしてみる – CLARA ONLINE techblog

Raspberry Pi 2 Model B 買いました


Twitterで入荷したとの事なので前から特に意味わないけど欲しかったので買いにいきました

店に行って店員さんに「Raspberry Pi2 ありますー?」って聞いたら「これが最後の一個です」みたいな事言われた
買えてよかった(小並感

さぁ、こいつでどう遊ぶか…

2015-03-27 22.28.39

OpenStack Icehouse を CentOS 6.5 に入れた時のメモ

# packstack --allinone
Welcome to Installer setup utility

Installing:
Clean Up                                             [ DONE ]
Setting up ssh keys                                  [ DONE ]
root@192.168.xx.yy's password:
root@192.168.xx.yy's password:
root@192.168.xx.yy's password:
Discovering hosts' details                        [ ERROR ]

ERROR : Failed to run remote script, stdout:
stderr: Warning: Permanently added '192.168.xx.yy' (RSA) to the list of known hosts.
Permission denied, please try again.
Permission denied, please try again.
Permission denied (publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic,password).

sshの設定でrootログイン禁止にしてたらこんなエラー出ました

vim /etc/ssh/sshd_config

#no からyesに変更
PermitRootLogin yes

XenServerにHDDを追加メモ

XenServer6.2でHDDを追加した時のメモ

xenserver HDD 追加メモ | Notes http://sakura.mylines.org/wordpress/2011/03/xenserver-hdd-%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%83%A1%E3%83%A2/

XenServerに物理ハードディスクを追加してみた – yoshida_eth0の日記 http://d.hatena.ne.jp/eth0jp/20100614/1276454721

要するに

xe sr-create type=lvm content-type=user device-config:device=/dev/sdb1 name-label="Local storage 2"

/dev/sdb1と
Local storage 2を変えればおk

XenCenterを見るとLocal storage 2が追加されてる

コマンドを入力する左側の表示を変更する

前回、さくらレンタルサーバーでcshからbashに変更しました。

変更したのはいいが、コマンドを入力する左側(名前わかんない)がディレクトリ移動する度に増えてくという仕様になっているので変更していきます。

現在こんな感じ

[ユーザー名@サーバー名 ~/www/sekki/hoge/fuga/ber(まだまだ増えるよ!)]$

左側の表示する方法の環境変数を確認

$ echo $PS1
[\u@\h \w]\$ 

変更

$ export PS1='[\u@\h \W]:\!$ '

現在居るディレクトリ名だけ表示される
メデタシメデタシ

[ユーザー名@サーバー名 ber]:51$

一々打つのめんどいので.bashrcに書き込む

echo "export PS1='[\u@\h \W]:\!$ '" >> ~/.bashrc

以上!

詳しくは 第8回:環境設定を変更してみる! | ConoHa http://www.conoha.jp/conoha/learning/1748.html ここを参考に

さくらレンタルサーバーのデフォルトのシェルを変更する

何番煎じかわからないですが…

さくらレンタルサーバーのスタンダードプランのOSはFreeBSDでデフォルトのシェルはcshみたいです。
いつもbash使っているのでTabで保管してくれないのは物凄く面倒…

なので、bashに変更してみました。やり方は簡単

とりあえず、今何のシェルを使ってるか確認

% echo $SHELL
/bin/csh

どんなシェルが使えるか確認

% cat /etc/shells
# $FreeBSD: release/9.1.0/etc/shells 59717 2000-04-27 21:58:46Z ache $
#
# List of acceptable shells for chpass(1).
# Ftpd will not allow users to connect who are not using
# one of these shells.

/bin/sh
/bin/csh
/bin/tcsh
/usr/local/bin/bash
/usr/local/bin/rbash
/usr/local/bin/zsh
/usr/local/bin/rzsh
/usr/bin/passwd

今回はbashを使うので下記のコマンドを打つ
パスワードを打つ必要が有る

% chsh -s /usr/local/bin/bash
Password:
chsh: user information updated

ログインし直すとbashになってる。
.bashrcと.bash_profileを作る

vim .bashrc
# .bashrc

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

# User specific aliases and functions
alias ll='ls -l'

vim .bash_profile
# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
        . ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin

export PATH

以上です。

次は
コマンドを入力する左側がディレクトリ移動する度に増えてくという問題に当たったので変更していきます。
コマンドを入力する左側の表示を変更する