ダーツ板とRaspberry Pi

タイトルの通り、ダーツ板にRaspberry Piを付けてみました。

あんまり写真を取ってないのですごくざっくりと
簡単な構造なので結構簡単に出来ます。

ダーツ版を分解するとこんなシートが現れます。
ダーツが刺さるとこの丸い所が接触し通電します。
マトリックス回路とか呼ばれてたりするらしいです。
2015-10-26 23.20.53

このシートとコネクタをつなげる部分が基盤にくっついてるので、半田で取ります、
2015-10-26 23.20.20

それとRaspberry Piをどうにかしてつなげます
2015-10-26 23.38.33

そんでもってこんな感じRaspberry Piと接続します。
2015-10-26 23.38.48

そんでもってRaspberry Piで適当にプログラム書けばダーツがあたった位置をRaspberry Piで認識することが出来ます

プログラムは後日(何時とは言ってない)うpします。

2015-10-25 15.16.44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です